こちらは北鎌倉にある我が家

自分で言うのもなんですが、駅近の割には大きな自然に囲まれた気持ちのいい場所です。築50年の再建築不可古民家を格安で購入し、自分たちの生活スタイルに合わせてフルリノベーションしました。

築50年の古民家、といっても萱葺き屋根で囲炉裏があってというモノではありません。また私自身も半世紀前の面影を忠実に復元することに情熱を傾けるタイプでもありません。残された要素を自分なりに解釈して住みやすい空間に再構築したい。傷や汚れも味わいに思える空間が理想。懐古趣味ではありませんがベースである古家への敬意も残しつつ・・・。

古屋のリノベーションでもっとも大切なこと・・・やはり耐震補強でしょう。つぎが断熱・湿気対策・設備の刷新です。この辺がしっかりしていないと「住まい」としては失格。そして最後にお気に入りのエレメントで自分の好みに仕上げていく・・・。

長い時間残されてきたモノには残すべき理由があるはずです。そこに敬意を込めつつ自分らしく暮らしたい。もしくは時間と共にくすぶってしまったものをもう一度輝かせたい。

・・・そんな想いのこもった住まいです。