場所は鎌倉市坂ノ下

久しぶりの店舗計画です。敷地は海まで徒歩1分でカフェとパン屋が密集する最高のロケーション。用途はゲストハウスと飲食店(ベーグル専門店)の併設です。

最初にクライアントとこの古民家を現地調査したのは数年前。当時のそれはくたびれ、劣化し、腐敗していました。ジャッキアップして基礎を打ち直し、躯体の半分以上を交換し、耐震補強し、断熱し・・・。いずれにしても新築で建て替えるよりも手間ひまかけてます。「なんで?」と聞かれたら「もったいないから」と即答します。一度なくしてしまったものはもう二度と戻らない。100年以上も風雨に耐えてきたこの家をたった半日で1台の重機で更地にもどしてしまっていいのか?そんな想いを持ったクライアントからの依頼でした。

周囲には古家を改装した鎌倉らしいカフェが点在しているために観光客も多く通る路地。そんな立地にこのゲストハウス+カフェは溶け込んでいます。つまり景観に寄せたデザイン。主張しすぎず、しかし店舗ゆえに古民家らしさを全面に押し出した佇まいはありそうでなさそうな異彩を放っています。