ロングライフデザイン

諏訪の古民家とディフェンダー110。どちらもロングライフデザイン。変わらないモノは変えなくていいモノ。

@リビセン前


ペンダントライト

1960年代の東ドイツ製ペンダントライトが遥々海を渡って北鎌倉にやって来た。今はなきスタータ式の蛍光灯がむき出しで2灯。無骨すぎるこんなランプ、鎌倉にはきっと似合わない。

でもこんな感じがスキ


再建築不可

都内の一等地にもかかわらず破格の売値。理由は再建築不可だから。接道義務を果たしてない。というかまったく接道していない・・・

まさに八方塞がり


USAF CWU−9/P

25年ぶりくらいミリタリージャケットを買った。昔はこんなのばかり着てたけどやはりいい。70年代のデッドストック。

USAF CWU−9/P


シアワセな家

爺ちゃんが建てて父ちゃんが増築して若夫婦がリノベするというシアワセな家。これはその付属棟。

宝の山の元養蚕小屋


奥湯河原

奥湯河原の一等地に残された再建築不可物件。それなりの補強は必須だけどポテンシャルは高い家。

古民家カフェにしたいとの依頼


監視塔

本牧市民プールの監視塔。1960年代の建築。見る人が見れば近代建築の造形の妙。見る人が見れば古臭くて邪魔なもの。

いまは営業停止の市民プール


花器

お気に入りの花器に季節の紫陽花を。

主役はどっちだ?


相棒

ウチには2匹のビーグル犬がいる。僕にとっては妻よりも長い付き合い。すべてではないけど多くの気持ちは表情でわかる。15年目の相棒。

妻の気持ちはまだわからない


鳩サブレー

鎌倉の鶴岡八幡宮には鳩サブレーに似た白い鳩がたくさんいる。なんと鳩のためのエサも売っている。

そしてカメラを向けると片脚を上げる・・・


PIRKKA

Ilmari Tapiovaara
イルマリ・タピオヴァーラ
PIRKKA/Laukaan puu
ピルッカ


秘湯

群馬の上越にある温泉場。お湯はもちろん建物にも風格を感じる。五感で感じるしあわせ。

自称「秘湯」らしいので名前は伏せておく


伊豆高原

80年代のモダンな雰囲気満点の小さなヴィラ。犬も宿泊可。うるさい子供3人も宿泊可・・・

伊豆高原


日本の庭に必要なのは日当たりだけではない。湿気や日かげが重要な要素になることもある。


レトロトイレ

昭和中期、レトロな雰囲気満点のトイレ。少々残念だけど全面的に解体してからの再生。

やはりトイレは新しいほうが気持ちいい


ヴィンテージ家具

家具がスキだ。家の雰囲気をガラッと変える力がある。使い捨てではなく誰かから受け継ぎ、誰かに渡っていくもの。ウチにある家具もその通過点。

もちろん雰囲気を台無しにする力もある・・・


駅前中華

北鎌倉駅前の名店。なかでもニラレバはピカイチ。創業50年だとか・・・

大陸


生命

鎌倉の山には固い岩盤が多い。植物がそこで生き抜くための術。

生命の力


下地

古民家の下地。すべての素材に理由がある。数十年前の職人の気持ちを想う。

解体する楽しみ


Defender

こう見えても意外と燃費はいい。ディーゼルターボの底力。乗り心地は戦車並みにひどいけど、そんなことはどうでもいいと思える存在感。

LAND ROVER Defender 110 TDCi