return

場所は千葉県松戸市内某所

まだ新しいテナントビル内の新規店工事です。
某ゼネコンからの発注で、デザイン監修+現場監理の仕事でした。
真っ白な3層吹き抜けのホール内にある、手作りケーキと本格コーヒーを提供するカフェ。

オーナーからの要望は、「ホッとできる暖かい印象の店にしたい」というシンプルなものでした。
新規店なので防災設備移設費が高額になってしまい、仕上げの素材はビニルクロスを多用しています。
しかし、いわゆる「安い・早い」の素材ではなく、塗装では出せない素材感や繊細な色合いを持ったものを複数選択したために、コントラストのある内装に奥行感が加味されたと思います。

カウンター廻りは強度・耐久性にも安心感のあるメラミン化粧板とレンガタイルを多用し、メラミン化粧板の素材感を薄めるために、小口はスチールで見切りました。

スーパーマーケットや幼児英会話教室、美容室などが入っている駅前のテナントビル内の店なので、客層は子供連れの若い主婦層でしょうか?
当初のねらい通り、大人に利用してもらいたいカフェに仕上がったと思います。
仕事に疲れたビジネスマンが家路につく前の気分転換にも利用できそうです。
女子高生などがワイワイガヤガヤ何時間もおしゃべりを、というイメージではありません。
そういう人は道路の向こうのマクドナルドに行ってもらいましょう。

まだ開発途中の広くて寂しい駅前にある店ですが、今後は地域を暖かく照らし続けるシンボルショップになることを期待しています。



work
0701
next

copy