return

場所は港区赤坂

TBSと隣り合わせの最高のロケーションです。

オーナーは信頼のおける以前からの友人で、気心の知れた間柄なので安心して仕事に取り組むことができました。
また、基本レイアウト決定後は全面的な信頼のもと、私の思うとおりにデザインさせてもらいました。
もちろんすべての承認を得てからの工事着工です。

店は創作鍋屋。
季節ごとに常時8種類の鍋を提供するそうです。

赤坂という立地上、接待や打合せの場としての利用も考慮して、半個室に仕切れるロールスクリーンを設けました。
客席タイプも小上り、ペア席、個室と様々な個性を持たせています。

仕上げ材は鉄、珪藻土、手漉きの和紙、平瓦、コンクリートとひと癖ある素材たちをバランスよく配置した結果、インパクトのある空間に仕上がりました。

個人事務所である私に仕事を依頼するクライアントは、基本的には私の感性や考え方に共感していただける方たちだと思っています。
ですからこちらが思うとおりにやらせてもらった物件ほど、クライアントの満足度も高いような気がします。
もちろん両者、同じ方向を向いていることが大前提です。

馴染みの寿司屋なら「適当ににぎって」っていうほうが美味しいですよね。

つまりそういうことです。


work

 

0901

next

copy