return

場所は都内港区某所

一流ゼネコンが40年以上前、都心の超一等地に建てたハイエンドビンテージマンションです。
・・・というわけで、築40年という築深物件でも値が下がらない。
そしてリノベーションすることでさらに資産価値を高める。
それも私の重要な任務だと思っています。

内装のデザインコンセプトは・・・
「家具が映えるようなシンプルで、かつアールデコな空間」

クライアントはフレンチビンテージの家具をこよなく愛するご夫婦。
私と趣味嗜好のベクトルが同じクライアントとの打合せはスムーズで楽しいモノ。
こちらからの提案も気持ちよく柔軟に受け入れていただけました。

写真ではわかりにくいのですが、モールを多様してパリのアパルトマンの雰囲気を演出。
家具や照明器具がまだ揃っていない状態での写真ですが、これからの変貌が楽しみな空間になりました。

天井の梁は構造体ではなく、長さ6mの化粧ボックスを天井から浮遊させています。
キッチンも白を基調に、無機質なステンレスをバランスよく配置したオープンスタイル。
浴室はオンボロユニットバスを撤去して、在来工法で仕上げました。
共にヨーロッパのラフな雰囲気を演出。

「宮田さんにお願いしてホントによかった」
なんて言われると、今までの苦労も吹っ飛びます。
またひと組、大切な友人たちが増えました。


work
1901
next

copy