return

場所は都内国分寺市内某所

久しぶりの新築案件です。
クライアントはご夫婦と2人の子供の4人暮らし。
狭すぎず広すぎず、適度な広さのキレイに整った敷地です。
今回は土地探しから参加させてもらいました。

与えられた設計条件は・・・
■金属質(黒系)の外観
■どこからも見られない可能な限り大きな中庭
■吹き抜けなどに頼らない豊かな室内空間

というわけで、「居室スペース」と「水廻りなどの非居室スペース」を隔離することで中庭を確保して、それらを渡り廊下でつなぎました。

外壁にはガルバリウムのタテハゼ(外壁通気工法)を採用し、亜鉛めっきの鉄骨支柱をアクセントにしてハードな印象の外観を演出。
中庭は 5m の高さまで鉄骨フレームの界壁を伸ばし、ポリカで表面を被覆。
庭のしつらえは施主工事として今後の楽しみにするそうです。
「まっ白い壁の家はイヤ」という私の考えに共感していただき、内装には様々なテイストや色彩の自然素材を採用し、各スペースに表情を持たせています。

今回の敷地では中庭を確保することで駐車スペースは諦めるしかない・・・。
しかし「便利な暮らしよりも豊かな暮らし」・・・そんな潔さが様々な表情を持ったこの建築空間を生んだのです。

一昨年は他人、去年はクライアント、今は友人・・・住宅設計とはそんな仕事です。
そして僕の仕事場だったところが今は彼らの住まいになっている・・・。
当たり前のことだけど、いつも不思議な気分です。


work
1901
next

copy